妊娠中はバストアップサプリは避けましょう

妊娠中にお腹に赤ちゃんがいる場合は胸がドンドン大きくなりますが、バストが小さい方にとって嬉しいことでもあります。
ですがもしバストアップサプリを服用されことがあれば、やはり妊娠していると口にしていいのか疑問です。
妊娠するため女性の体はエストロゲンを分泌しそれが精子と卵子の着床と胎児を育てるためにプロゲンステロンを分泌します。
排卵日はエストロゲンが分泌され、黄体ホルモンが分泌されます。
そして子宮内膜が剥がれ落ち、エストロゲンが同時に増えます。
妊娠したとき子宮内膜が妊娠に重要になるので、それが胎児を育てる役割にもなります。
プロゲステロンが多く分泌されると言うことです。
ここで言えることは妊娠中の女性ホルモン状態が、エストロゲンと同様の作用のあるバストアップサプリを服用すると流産になりかねないと言うことになります。
ですからバストアップサプリを服用することはメリットとしてなく、デメリットという不妊、流産を引き起こしてしまう可能性の方が高いと言うことになります。
また健康サプリでも妊娠中にはあまり良い方法とも言えず、妊娠中における母体の安全性を踏まえれば、何も服用しないということが最も良いということになります。