大豆イソフラボンの効果的な摂取量は?

健康食品の筆頭ともいえる大豆イソフラボン。女性ホルモンのエストロゲンにとてもよく似た働きをするため女性にはとっても嬉しい効果が期待できます。
また美肌効果やバストアップ、美髪にも効果的と言われていてまさに女性にとってまさに万能薬のような存在ですね。しかし、過剰摂取は逆効果で様々な悪影響を及ぼすとも言われています。
では効果的な摂取量はどれくらいなのでしょうか。
国が発表している理想的な摂取量は大豆イソフラボン一日あたり70~75mgの摂取量を上限とし、さらにその中でサプリメント等健康食品から摂取する量としては30mgまでを上限としています。
目安として大豆イソフラボン50mg=豆腐約半丁
食品から上手に摂取するのが一番理想的ですが、それが難しくサプリメント等で補う場合は過剰摂取を避けなければいけません。大豆イソフラボン以外のサプリメントを利用している方は、そのサプリメントの成分表をしっかりチェックし成分に大豆イソフラボンが入っていないかも確認してみましょう。
だぶって摂取しまってはせっかくの摂取が悪影響になってしまう可能性がでてしまいますね。
摂取量をきちんと守り上手に利用して、美肌や健康をしっかり保っていきたいですね。