イソフラボン摂取の効果

イソフラボンは女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た構造のため、エストロゲンの担う役割を代わりに果たすことができるのではないかと期待されています。
イソフラボンを摂取して効果が期待できるのは、イソフラボンを生体が吸収できるようにする腸内細菌を持つ場合のようですが、この腸内細菌は中高年女性の半分以上が持っています。
昔から大豆製品を食べる頻度が高かった人ほど、この腸内細菌を持っている割合は高くなるようです。
この腸内細菌を持たない人は、サプリメントでそれに代わる成分を摂取できると言われています。
イソフラボンを吸収できれば、骨密度アップや高脂血症予防、抗酸化作用などさまざまな健康効果が期待できます。
イソフラボン摂取によって骨密度を上げようとした研究結果では、一日に納豆50g程度から摂れる量で、骨密度がアップしたと報告されています。
女性は更年期以降、骨密度が加速度的に下がりますので、この研究結果は心強いものとなるでしょう。
できればホルモン療法は行いたくないと言う人も多いでしょう。
大豆食品からの摂取でホルモン治療に近い効果が得られるなら、それに越したことはないわけです。
副作用もないとされるこの成分の摂取による効果の、さらなる検証が期待されます。